お問い合わせ

筋膜ケア 『せなかのおもい』

0675084230

9:00〜20:00
(土曜日休業)

お問い合わせ

ニュース

ニュース

伝えていくこと☆

ニュース

2019.07.11

☆寝違いで、朝一電話をかけて来られたお客さま>.<

右に振り向く動きで、痛み・違和感があったんですが、前腕の骨と骨をグーっと締めて、もう一回首を動かしてもらうと、最初よりも楽に動かせると^^

寝違いは、腕で解決!

 

☆分離症で、太ももの裏から膝にかけて、違和感があると来られたお客さま>.<

・身体を反らす動きが、怖くてできない。

・身体を前に倒すと、太ももがつっぱる。

・身体を捻る(回旋)のが苦手。

・股関節の動きをみると、前側につまり感。

鼠径部をグーっと圧迫して、もう一回動かしてみると、つまり感がなくなったと^^

太ももの裏(内側)の筋肉と、お腹の筋肉を触って、もう一回動いてもらうと、回旋がスムーズに^^

その後は、そことつながりのある筋膜へアプローチしていって、最後に、もう一回動きの確認をしてみると、つっぱり感がなくなりました^^

 

☆腰が痛いと来られたお客さま>.<

身体を後ろに反らす動きで、痛いと。

お腹にアプローチすると、一気に楽に^^

 

みなさん、帰るときには、『>.<→^^』こんな感じの表情になってて、嬉しいです^o^

 

症状は違うけど、この3人のお客さまの共通点は、みなさん、背筋を伸ばして、胸を張った姿勢になってしまってる、ということ!

そして、肋骨が拡がってたり、柔軟性がなくなってしまってる、ということ!

胸を張ると、肋骨が拡がり、自然と前傾姿勢になり、身体の前側の筋膜ラインに、問題が起きることが多いです。

『背中を丸めて、脱力することが大事なんやで。背中を丸めへんと、脱力できひんねんで。』

ということを、しっかり伝えていかなあかん、と思いました^^

一流アスリートの方たちは、必要ないときは、自然と、こんな感じで背中を丸めて、余計な筋力を使わないようにしています^^

普段、脱力してないと、いざっていう時に、力を発揮できないからです^^

ご予約はこちらから